【思い出はプライスレス】築55年の実家の幸せストーリー

[`evernote` not found]

今年の夏にご相談いただいた
築55年のご実家の売却手続きが
本日完了しました。
 
 
 
当初、「DIY賃貸」で貸す予定で
募集活動を行なっていましたが、
 
入居申込をいただいたお客様から、
「売ってくれませんか?」とのお話があり、
急きょ、売却を検討することになりました。
 
 
 
・土地が借地であること、
 
・土地・建物とも
 10坪(33㎡)強程度と狭いこと、
 
・大きな修繕箇所があること、
 
 
などの条件が重なり、査定上、
売却金額は安くならざるを得ない家です。
 
 
 
売る側としては、
「もう少し高く。。」という想いも
当然あったと思いますが、
 
「思い出はプライスレス」
 
とのお気持ちで、歩み寄っていただき、
売却に至った次第です。
 
 
 
それからご契約に至るまでは、
諸々の経緯がありましたが、
 
 
結果として、
本日無事に売却の手続きを
完了させることができました。
 
 
 
築55年と聞くと、
 
「もうボロボロの家なのでは。。」
 
とイメージされるかもしれませんが、
 
 
約15年くらい前に
大きなリフォーム工事をされているので、
 
とても55年が経過しているとは思えない程、
綺麗な室内で、十分に住むことはできます。
 
 
 
大きな修繕箇所はありますが、
その分を売却金額で調整する感じで、
そのままお渡ししました。
 
 
 
実際、購入された方も、現状を見て、
誰かに住んでもらうことを目的に
購入されました。
 
 
 
修繕をする、しないの判断はありますが、
 
この実家は、
 
これからも、人に使ってもらう
 
ことになります。
 
 
 
この家で
また新しい歴史が始まることになり、
まだまだこの実家は生き続けます。
 
 
 
人が変われど、
家族の想いが詰まった実家が、
形を残して、新たな歴史を創り出す、
 
 
 
実家を売り、手放す側にとっては、
とても嬉しいことではないでしょうか?
 
 
 
売る人も、購入する人も、
貸す人も、借りる人も、皆がハッピーになる。
 
 
それが「実家の空き家対策」の最高の結末です。
 
 
 
この度の売却が
これからも関わる人たちに、
幸せをもたらしてくれることを、
切に願っています。