【誰でもできます】実家の価格の調べ方

[`evernote` not found]

実家がどのくらいで売れるか?貸せるか?
を知る目安として、
 
本日は誰でもできる
実家の価格の調べ方をお伝えします。
 
 
1、実勢価格
 
実勢価格とは、
実際に取引されている価格です。
 
 
実際に売却されている物件の価格を見れば、
大体の相場感はつかめます。
 
 
具体的には、以下に記載した
3大不動産情報サイトをみてください。
 
・SUUMO
・アットホーム
・HOMES
 
 
家を買おう、借りようとする人は、
このどれかのサイトを
必ず見ているはずです。
 
 
これらの不動産情報サイトで、
実家のあるエリアに掲載されている、
売買、賃貸物件をまずは見てください。
 
 
細かい条件は、
最初は無視しても構いません。
 
 
どのくらいの価格帯の物件が、
販売されているのか、募集されているのか、
 
まずは価格帯を把握してください。
 
 
 
2、公示価格
 
公示価格とは、
土地の実際の取引の参考になる価格です。
 
 
国土交通省から情報提供されている、
以下のサイトをご覧ください。
 
◉国土交通省地価公示・
 都道府県地価調査
https://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=0&TYP=0
 
 
実際に取引されている物件が少ない場所は、
3大不動産情報サイトを見ても、
掲載されていないことも多々あります。
 
 
一般的には、
実勢価格の方が、公示価格より高いですが、
 
上記サイトから、
実家のあるエリアの公示地価を確認して、
 
それより少し高いくらいで
取引されるイメージをするといいでしょう。
 
 
場所によっては実勢価格の方が
安い場合もありますが、
 
まずは目安として
捉えていただければと思います。
 
 
 
3、固定資産税評価額
 
3大不動産情報サイトを見ても、
公示価格を見ても、
掲載されていないエリアもあります。
 
 
そんな時は、毎年5月頃に届く、
固定資産税の納付書を見て下さい。
 
 
そこには
「固定資産税評価額」という金額が
記載されています。
 
 
この固定資産税評価額は、
概ね公示地価の7割が目安になっています。
 
 
したがって、公示地価がわからなくても、
納付書から固定資産税評価額を見て、
 
固定資産税評価額÷0.7 で計算すると、
公示地価の目安がわかります。
 
 
公示地価がわかれば、
2、でお伝えしたように、
実勢価格と公示価格を比べて、
 
おおよその実家の金額を
把握することができます。
 
 
 
以上が、
実家の価格の目安の調べ方です。
 
 
 
お気付きかと思いますが、
 
この価格は、
あくまでも土地のみの価格です。
 
 
 
築30年、40年といった古い建物は、
一般的には価値はないとみなされるので、
 
古い実家の価格の目安としては、
土地価格のみでの判断でも構いません。
 
 
 
ただ、古い建物は
解体する費用も考慮しなければなりません。
 
 
 
次回は、
解体費用をどう考えれば良いか?
 
お伝えしますね。