実家をどうにかしたいなら、今!〜やっぱりこれは外せない〜

[`evernote` not found]

昨日お伝えした、
千葉県の九十九里町の
空き家のお話しです。
 
 
 
昨日現地を訪れましたが、
海水浴場まで歩いて15分くらい、
 
住宅が立ち並ぶ場所にある、
築20年ほどの家でした。
 
 
 
もう9月にはいり、
海岸には海水浴客はいませんが、 
 
サーファーの方がいい波に乗って
楽しんでいましたね。
 
 
 
ご両親が大切に
お住まいになっていたご実家を、
 
どんな形で活かすことができるのか?
 
 
 
オーナー様のお考えや想いをお聞きし、
考え巡らせてみました。
 
 
 
いろいろな可能性はあると思いますが、
やはり外せないのは、
 
「東京オリンピックサーフィン会場から
   車30分くらい」の場所ですね。
 
 
 
もう、東京オリ・パラまで1年を切り
 
海岸もオフシーズンにはいって、
落ち着いたこの時期、
 
準備を始めるなら、まさに「今」です!
 
 
 
この数年、不動産を取り巻く現場で、
さんざん言われてきましたが、
 
やはり
 
「東京オリンピック・パラリンピック」
 
は、外せないビッグイベントです。
 
 
 
これはこの街に限らず、
日本全国で言えることでしょう。
 
 
 
もしあなたのご実家が空き家になっていて、

オリンピックに関係がある場所が
近くにあって、
 
 
「実家をどうしようかな。。」
 
 
と考えているなら、
 
 
今こそ「動くべき」です。
 
 
 
オリンピックチケットが販売され、
 
オリンピックまで1年を切ったと
大々的にマスコミが伝え、
 
各競技で日本選手が世界相手に活躍し、
 
 
 
否が応でも、世間に
オリンピックイメージを
掻き立てていますよね。
 
 
 
貸すにしても、売るにしても、
 
「今」は仕掛けるときです!
 
 
 
年内に準備を完了させ、
年明けから集客する。
 
 
競技や場所によっては、
もう遅いものもあるかもしれませんが、
 
まだまだチャンスは残されています。
 
 
 
ぜひ、
「最初」で「最後」の「最大」の
チャンスを活かしてくださいね。