【九十九里町 空き家】オリンピックサーフィン会場で注目エリアの空き家をどうするか?

[`evernote` not found]

本日は、
九十九里町の空き家へ
現地確認に行ってきました。
 
 
 
2年半ほど前に初めてご相談いただき、
相続手続きやご家族の生活も
落ち着いてきた今、
 
 
空き家の実家をどうしたらいいか?
 
 
と再度ご相談をいただき、
今日の現地確認に至った次第です。
 
 
 
私も若い時によく遊びに来ていた海岸の
すぐ近くにあるこちらの家、
 
 
実は、
東京オリンピックサーフィン会場である、
一宮町の釣ヶ崎海岸まで約20キロ強、
 
車で約30分くらいの場所にあります。
 
 
◉東京五輪サーフィン会場が
 釣ヶ崎海岸に決定しました!
 
 → https://www.town.ichinomiya.chiba.jp/machizukuri/2/409.html
 
 ※一宮町HPより
 
 
 
この周辺の一戸建てや土地の
売買事例からすると、
 
それこそ数百万円くらいの、
安い売却金額になりそうな家ですが、
 
 
来年に迫った
オリンピックサーフィン会場まで、
車で30分くらいなら、
 
これは有効に活用できそうな予感がします。
 
 
 
オリンピックが近くで開催されることで、
この家の周辺も
知られることになるわけですから、
 
 
短期的なら、
オリンピック関係者への賃貸も考えられるし、
 
 
長期的に住まいとして、
利用される可能性もあります。
 
 
 
昔から海水浴場でも有名な場所なので、
 
サーフィンをしていなくても、
「九十九里」の名前でピンとくる人も
多いはずです。
 
 
 
「思い出の九十九里浜」で
思い出す人もきっといますよね(^^)
 
 
 
今までは特段注目されなかった場所が、
 
オリンピックによって、
一躍脚光を浴びる、
 
そんな場所が
日本には多くあることでしょう。
 
 
 
この九十九里の家は、まさに今、
脚光を浴びるチャンスの時です。
 
 
 
これからこの家をどうしていくのか?
 
は、オーナー様と
具体的にお話していきますが、
 
 
東京オリンピックという
 
「最初」で「最後」の「最大」のチャンスを、
 
逃さないように、活かしていきたいですね。