【東京都西東京市空き家】3LDKだと「もう一部屋ほしい」理由。

[`evernote` not found]

昨日ご紹介しました、
東京都西東京市の賃貸一戸建て物件について
追加情報をお伝えいたします。
 
 
 
こちらがその物件です↓
 
IMG_4648.jpeg
 
 
 
概要を簡単にお伝えすると、以下の通りです。
 
 
・西武新宿線 田無駅より歩いて約10分
 
・木造2階建、間取りは3DK
(洋室6畳×2、洋室7.5畳×1、DK6畳)
 
・床面積
 1、2階合わせて約63㎡(約19坪)
 
・北側道路ながら、南側は河川があり、
 陽あたりは大変よく、明るい家。
 
 
 
 
普通に住む賃貸一戸建て住宅としては、
特段問題がある物件ではありません。
 
 
 
しかしながら、
障がい者グループホームでの利用となると、
一つネック事項があります。
 
 
 
それは、「新規」で
障がい者グループホームを始める場合、
部屋が一つ足りない、ということです。
 
 
 
どういうことかというと、
 
新規でグループホームを始める場合は、
利用される障がいを持った方の人数は、
最低4人だからです。
 
 
 
それぞれが独立した部屋で、
独立した生活を送れるようにするために、
4部屋の個室が必要になります。
 
 
 
そして、
その個室の広さも最低4.5畳は
確保する必要があるので、
 
仮に今ある部屋の一部屋を
二つに区切っても、
一部屋の広さが足りません。
 
 
 
つまり、
 
新規で
グループホームを開設するには難しい
 
ため、
 
 
すでに
グループホームを運営していて、
 
利用する障がいを持った方を増やしても、
運営できる事業者
 
に借り手は限定されてくるのです。
 
 
※追加の場合は、
4部屋でなくても大丈夫です。
 
 
 
 
そういうなら、
 
「普通の賃貸住宅で貸せばいいのでは?」
 
と思われることでしょう。
 
 
 
しかしながら、
これはオーナー様の強いご希望であり、
 
 
私もオーナー様とお会いして、
 
「なぜグループホームを運営しているか?」
 
その理由をお聞きし、
その想いに強く共感しました。
 
 
 
借りていただく方は、
かなり限定されてきますが、
 
オーナー様の想いと
自分の想いが一致したので、
 
私はオーナー様の意向に沿って、
募集活動をします。
 
 
 
 
「とにかく空室を埋めなければ。。。」
 
という考えではなく、
 
 
自身の信念に沿って、
借りて欲しい人に借りてもらう。
 
 
 
そんな想いのオーナー様に巡り会えて、
とても、とても、嬉しい限りです。