実家の空き家対策の「志明」とは?

[`evernote` not found]

昨日は、お盆明けで初めての
異業種交流会に参加してきました。
 
 
 
お盆明けとはいっても、
交流会にいらしている方は、
ビジネス意識が高く、
 
人が動いていないうちに、
次の仕掛けをしようと考える
事業者も多くいて、
 
大変良い刺激を受けることができました。
 
 
 
その交流会の中で、
全国で不動産の売却を行なっている
ある不動産会社の社長と
お話しする機会がありました。
 
 
 
その方は、
売りたくても売れない
全国の土地や建物を
売っているとのことで、
 
地方にある実家や土地も
多く手掛けているとのことでした。
 
 
 
いろいろお話しを伺う中で、
 
「なぜ地方の物件を専門に扱っているのか?」
 
について、
その理由と想いをうかがうことができました。
 
 
 
その方が語られていたことをまとめると、
次の通りです。
 
 
・不動産で困っている人は、
 遠くにある物件を相続して
 どうしたらいいかわからないでいる人
 
 
・東京都内や都市部の物件を、
 売ったり買ったりするのは
 需要があるのだから、誰でもできること。
 
 売れないものを売るのがプロの仕事。
 
 
・不動産の困りごとを解決するのが、
 プロの不動産業者である。
 
 
 
この社長のお言葉には、
深く、深く、深く、共感しましたね。
 
 
 
そもそも自分が空き家対策を始めたのも、
 
なかなか売れなかったり、
売れても格安の価格でしか売れない物件を、
有効に活かすことで、
 
お客様のお悩みを解決できたからです。
 
 
 
どうしたらいいかわからず、
誰に相談したらいいかわからない、
 
といったお客様のために、
 
 
どうしたらなかなか売れない実家を
売ることができるのか?活用できるのか?
 
を試行錯誤しながらも、
真剣に考え、行動し、
 
お客様のお悩み解決に尽力してきました。
 
 
 
そして、
 
そのお悩み解決に至ったプロセスや方法で、

実家をどうしたらいいか?
悩んでいる方のお役に立とう!

という想いが、

 
現在の実家の空き家対策に
つながってきました。
 
 
 
私が好きな言葉に、
 
「社長業とは、お困りごと解決業」
 
というフレーズがあります。
 
 
 
昨日お会いした不動産業者の社長は、
まさに、この言葉を実践しており、
私が目指す先のお手本となる方でした。
 
 
 
「実家の空き家対策」は、
人ぞれぞれの事情や
実家のある地域それぞれの事情があり、
 
決して簡単に
進められるものではありません。
 
 
 
しかしながら、
 
本当に困っている人に寄り添って
一緒に実家のお悩み事、お困りごとを
解決していくことこそが、
 
実家の空き家対策の
「使命」「志明」と受けとめています。
 
 
 
決して簡単な道ではありませんが、
今一度、初心に戻り、
 
これからも
実家の将来の「お悩み解決」のために、
尽力していきたいと思います。