実家が立ち退きになる場合のメリットとは?

[`evernote` not found]

昨日は借地に実家が建っている場合の
「立ち退き」について、お伝えしました。
 
 
 
「立ち退き」というと、
イメージが悪く聞こえますが、
 
実際の現場では、
ポジティブな「立ち退き」もあり、
 
必ずしも、
悪いイメージばかりではありません。
 
 
 
家を借りている人であれば、
立ち退き料を地主さんからもらって、
 
新しい場所に引越し、
新しい生活を始めることができますし、
 
 
家を所有している人であれば、
相場より高く家を買い取ってもらって、
新しく買い換えることもできます。
 
 
 
地主さんや不動産業者の都合で
立ち退くわけですから、
 
次の場所に移って生活するための
いわゆる「立ち退き料」をもらうわけです。
 
 
 
そしてこの「立ち退き料」ですが、
 
率直に言えば、
問題解決のために支払われるもので、
イメージ的にはよくないかもしれませんが、
 
現実には、この立ち退き料によって
人生が好転するケースも多くあります。
 
 
 
私も実際に取引の中で、
立ち退き料を支払って、
立ち退いてもらったことがありますが、
 
立ち退いた人は、
決してネガティブな雰囲気ばかりではなく、
 
気持ちを切り替え、
前向きに捉えている様子でしたね。
 
 
 
立ち退きといっても
様々なケースがあるので、
 
もちろん、
ポジティブなことばかりではありません。
 
 
 
しかしながら、
今まで何かしようとしていても、
 
きっかけがつかめず、行動できなかったり、
 
金銭的な理由で
行動したくても、行動できない人が
いることも事実です。
 
 
 
もしなんらかの理由で、
実家や自分の住む家に
立ち退きの話が出ることがあるなら、
 
不快、不安な気持ちはあるものの、
 
立ち退きによって、どんな人生になるのか?
 
ちょっと踏みとどまって
考えてみるといいかもしれません。
 
 
 
意外な人生のチャンスが、
そこにあるかもしれませんからね。