【実家が空き家になる理由】その⑩〜親の介護施設への入所

[`evernote` not found]

親が介護施設に入所したため、
実家が空き家になってしまったことも
昨今の超高齢化時代には
よく耳にするお話です。

88932ac5a1efe87870130ad2b534d83f_s.jpg

・一人での生活は、
 転倒等のリスクがあり危険。

・誰かの介助がないと、生活ができない。

・家族の介護負担が大きい。

など、様々な理由で、介護施設に入所され、
そこで日常を過ごすことになる方は
多くいらっしゃいます。

 

入所される施設の種類や
細かい利用方法等は
ここでは触れませんが、

空き家になっているのは、
空き家にならざるを得ない事情もあります。

・介護施設を入所したものの、
 症状や生活態度等で
 退去を余儀なくされる。

・成年後見人がついている場合、
 家庭裁判所から売却の許可が出ない。

・人生の最期は実家で過ごしたい。

などが挙げられますが、
介護施設への入所が
空き家の理由になっている場合は、
今まで挙げてきた理由とは、
少し意味が違います。

・売りたくても売れない
・いずれ売るが今は売りたくない
・費用がかかるから売りたくない

というように、
相続を受けた、売る人の意思の問題が
多い理由になりますが、

親が介護施設に入所された場合は、

・親の帰る場所を確保する。
・親の財産を守る。

といった
「ご健在の親のため」
に空き家にしている意味合いが
強いと想います。

世の中では、ひとくくりに
「空き家問題」と片付けているようにも
捉えられますが、

親が介護施設へ入所された場合の空き家は、
余生を過ごす大切な場所として、
また残り少ない時間を親と過ごせる
思い出の場所として、

大切に維持管理して欲しいと
切に願います。