人気エリアの「建て替えできない家」は、「売る」だけが選択肢ではありません。

[`evernote` not found]

昨日は、吉祥寺で販売されている
建て替えできない物件をご紹介しました。

◉こちらの記事です↓
【住みたい街と言われる「吉祥寺」の
 建て替えできない家はどう利用するのか?】
http://jikka-akiya.com/?p=1766

 

◉ご紹介の物件はこちらです↓

所在:東京都武蔵野市吉祥寺南町

交通:JR中央・総武線、
   東京メトロ東西線直通 
   吉祥寺駅 徒歩12分
   西荻窪駅 徒歩11分

土地面積:約26坪(85.98㎡)

建物面積:約25.24坪(83.45㎡)

間取:2LDK

築年:平成9年改築 
   平成29年新規リノベーション済み 

◉詳細はこちら↓
(※販売終了の際はリンクが切れます)
http://www.hosoifp.net/baibai/syousai/3/17049dat.html

 

まず売れるかどうかですが、
この物件は売れます。

 

時間的なものは別にして、
この吉祥寺の人気エリアで、
リノベーションして、この価格は、
建て替えできないとしても、
あまり売りに出ない物件ですので、
希少です。

 

住んでも、貸しても、
どちらでもメリットはあります。

 

平成9年に改築して、
昨年12月にリノベーション工事を
実施しているので、住むにも貸すにも
しばらく手はかからないのはいいですね。

 

現状建て替えはできませんが、
隣接する住宅もそれなりに古いので、
将来的な周辺環境も
変わってくることでしょう。

周辺状況が変わってくれば、
建て替えできない状況も
将来的に変わるかもしれません。
(そうなれば土地の価値も
 倍にあがる見込みも十分あります。)

 

この物件を買って、
一番有効な利用の仕方は、
やはり賃貸活用でしょう。

 

なんといっても
人気沿線の人気エリアですから、
これからの需要も長く見込めます。

いくら少子高齢化といっても、
吉祥寺周辺に人が集まらないことは
考えづらいです。
(住みたい街ランキングの上位に
 い続けられるかどうかは、別ですが。)

 

住んでから貸すか、
買ってそのまま貸すか、
貸してから住むか、

いずれの選択肢もありますが、
いずれの形でも利用価値はあります。

 

この物件の元々の所有者様は
売却という選択を選びましたが、

こういった人気エリアで
賃貸需要が高い場所の実家を相続したなら、

売却するよりも、
はじめに貸す方を考えた方が
良いかもしれません。

 

相場の半値程度で
時間をかけて売却するよりも、

戸建て賃貸はアパートやマンションと比べ、
絶対的に数が少ないですし、

売却すると相場より安くなる分、
少しでも賃貸で収入を上げるのも得策
だと私は考えます。

 

また吉祥寺や西荻窪周辺は、
個性的な人も多いので、

このメルマガで紹介しているような
DIY賃貸で自分の好きなように、
家をアレンジしたい
借り手も十分見込めます。

 

吉祥寺エリアに限りませんが、
人気エリアでの建て替えできない家は
賃貸需要も十分見込めますので、

こうしたエリアに
建て替えできない空き家の実家が
あるようなら、
賃貸での活用を、私はオススメいたします。