【実家の貸し方】実家を貸すなら「定期借家」その理由は?

[`evernote` not found]

実家に限りませんが、家の賃貸契約には、
「定期借家」と「普通借家」
の二つの契約の形があります。
 
 
◯定期借家契約と普通借家契約の違い
http://www.fudousan.or.jp/kiso/rent/shakka.html
 
※不動産ジャパンHPより
 
 
 
諸々違いはありますが、最も大きな違いは、
 
貸主からの解約ができるかどうか?
 
という点です。
 
 
 
普通借家契約では、
 
貸主からの解約や、
契約期間終了時の更新の拒絶は、
貸主に正当な事由がない限りできない
 
とされています。
 
 
 
この「正当な事由」というのが
ポイントなのですが、結論から言うと、
貸主に正当な事由はほぼありません。
 
 
 
「家族を住まわすから」
「古くなったから建て直したい」
「売却するから」
 
といった理由は、正当な事由に当たらず、
法律上、退去してもらうことはできません。
 
 
 
簡単にいうと、
 
借主が住みたいといえば、
いつまでも住んでいられる
 
のが普通借家契約です。
 
 
 
一方、定期借家契約は
契約の更新がない賃貸契約で、
 
契約期間が終了した時点で
確定的に契約が終了する
 
とされています。
 
 
 
要するに、
借主が住み続けたくてもできないので、
 
貸主には貸した家が
必ず戻ってくるということです。
 
 
 
この二つのうち、
いずれ実家を売って処分したいと考えるなら、
「定期借家契約」で貸すことをおすすめします。
 
 
 
なぜならば、
いずれ売る時には、空き家や更地にして
売却することも考えられるため、
 
貸主の意向で
解約できるようにしておきたいからです。
 
 
 
実家の賃貸は、売るまでの「つなぎ」期間です。
 
 
 
言い換えれば、「一定期間、貸してから売る」
 
ということなので、
借主の希望でずっと住まれては意味がありません。
 
 
 
その為、貸す側で契約終了の時期を
コントロールする必要があるのです。
 
 
 
実家の賃貸は、
貸す側の意向で賃貸期間を決められるように、
「定期借家契約」を検討されてみてくださいね。