実家を「利用する」って、どういうこと?

[`evernote` not found]

実家の活用方法として、
私は「利用する」という選択肢を
提案しています。
 
 
 
「人に貸して利用する」
というのも利用には該当はしますが、
 
私が提案しているのは、
 
「自分が事業として利用する」
 
ということです。
 
 
 
 
具体的な利用方法の例を挙げてみると、
以下のような感じです。
 
◉事務所
 
◉シェアハウスシェア・オフィス
 
◉グループホーム(高齢者・障がい者)
 
◉貸し会議室
 
◉コミュニティスペース 
 
◉民泊
 
◉喫茶店
 
◉倉庫  等々
 
 
 
なんか難しそう。。。
 
そんなイメージを持たれるかと思いますが、
事業として利用するわけなので、
決して簡単なことではありません。
 
 
 
しかしながら、
少子高齢化が加速し、空き家が増え続け、
 
それでもアパートや賃貸マンションが
建築されている今は、
 
賃貸市場も競争激化となっています。
 
 
 
もちろん、
一戸建てを借りたいニーズはあるので、
「実家を貸す」というのは、
有効な選択肢の一つですが、
 
オンラインが日常となり、働き方が変わり、
企業でも副業が推奨されてきている今、
 
ただ貸すだけではなく、
自身で起業してみるのも有効な選択肢と
私は考えます。
 
 
 
また起業といっても、
多額のお金がなくてもできる事業は
多くありますし、
 
自分の考えや環境に沿った事業を
教えてくれる機会も多くあります。
 
 
 
とはいえ、
 
「起業まではちょっと、、、」とか、
「事業というほどまでは考えていない、、」
 
といったお考えはあることでしょう。
 
 
 
もちろん、
起業を無理に考える必要はありませんが、
 
空き家の実家をどうしようか、、
と考えている今だからこそ、
 
実家を利用した起業を
考えることができる機会でもあります。
 
 
 
全くの選択外ということではなく、
妄想レベルでも構わないので、
 
実家を利用してどんな事業ができるのか?
この機会にぜひ考えてみてください。