【救急車のお世話になりました】親も大事ですが、自分の体も大切にしてくださいね。

[`evernote` not found]

昨日、急激な頭痛があり、
救急車にお世話になりました。
 
 
 
午前中、予定していた健康診断を終えて、
特に問題なしとの診断をいただき、
家に帰ってパソコン作業をしていたら、
急激に頭が痛くなってきました。
 
 
 
だんだん頭痛がひどくなってきて、
気持ち悪くなって、冷や汗も出てきて、
しばらく横になっていましたが、
症状改善せず、救急相談に電話しました。
 
 
 
状況を説明したら、
病院にいった方が良いということになり、
 
その場で
救急車をよこしてもらうことになりました。
 
 
 
前日にシゴトの関係で、
同じような症状で脳出血の手術をした話を
聞いたばかりだったので、
なおさら心配になりましたね。
 
 
 
51歳という年齢柄、
脳に関わる病気も十分に考えられます。
 
 
 
特に足の痺れ、目まいなどはなく、
熱もありませんでしたが、
 
救急で近くの病院の脳外科に行き
脳のCT検査をする事態になりました。
 
 
 
結果、異常なしとのことでしたので、
まずは一安心でした。
 
 
 
頭痛もだんだん治まってきて、
普通に動けるようになりましたが、
 
こんなことは、
またいつ起こるか分かりません。
 
 
 
親のことも大切ですが、
自分の体がどうにかなってしまっては、
元も子もありません。
 
 
 
幸いなことに
異常はありませんでしたが、
 
くれぐれも体には気をつけろ!
というメッセージなのでしょう。
 
 
 
まだまだやらねばならないことは
たくさんあるので、
 
ここで倒れるわけにはいきません。
 
 
 
健康であることに感謝し、
これからは、今まで以上に、
体には気をつけていきたいと思います。