【2025年 空飛ぶバイク登場!】そのとき実家はどうしますか?

[`evernote` not found]

昨日のネット記事で、
 
ドローンなど手掛けるベンチャー企業が、
地上から数メートルの高さで走行する
「ホバーバイク」に本格参入する
 
との報道がありました(時事ドットコムより)
 
 
 
2025年の公道走行と量産化を目指す、
とのことで、
 
あと4年後の近い未来のお話だそうです。
 
 
 
空飛ぶ車のお話は
もうずいぶん前から出ていますし、
 
私たちが子供の頃にアニメで見ていた、
未来の世界がもうすぐ現実になる感じです。
 
 
 
空飛ぶバイクの用途は、
主に災害現場での救出活動が
想定されているそうで、
 
価格や使用できる場所など、
まだまだ課題はたくさんあるものの、
 
日常生活に登場してくるのも、
もはや時間の問題のような気がします。
 
 
 
人が少ない場所、交通の便が悪い場所、
自然災害の危険がある場所などの、
 
安全や利便性がまた一歩、
進んでいくように思いました。
 
 
 
今から4年後に、空飛ぶバイクという、
また新しい技術とライフスタイルが、
世の中に登場して、
 
これから実家をどうするか?
 
その考え方や選択肢も、
また変わってくることでしょう。
 
 
 
今までの実家の空き家対策は
基本に残しつつ、
 
常に時代の先を見据えて、
考えてみてくださいね。