【空き家の税金 その4】空き家になるまで、住んでいましたか?

[`evernote` not found]

空き家を売った時の税金特例は、
その売ろうとしている空き家に、
住んでいた人にも条件があります。
 
 
 
具体的には、
 
空き家になる直前まで
被相続人が住んでいた、
 
ということですが、
 
 
わかりやすい例を挙げると、
 
相続が発生するまで、
実家にずっと親が住んでいた、
 
などが当てはまります。
 
 
 
逆に、
 
貸していた家が空き家になったとか、
 
別荘などの一時的にしか利用しない家や、
 
相続などで、
空き家になる理由が発生しない家は、
 
対象外ということです。
 
 
 
主に特例の対象になるケースは、
実家で親が最期を迎えた場合が、
およそ当てはまるでしょう。
 
 
 
高齢による老衰、病気のほか、
 
今のコロナ禍ですと、
自宅療養中からということもあり得ます。
 
 
 
相続で空き家になってしまうのが、
空き家が増える最も大きな要因です。
 
 
 
時代によって相続の理由も様々ですが、
 
まずは、
空き家を売った時の税金の特例が
使えるケースとして、
留めていただければと思います。
 
 
 
詳細は以下をご確認ください。
 
◉空き家の発生を抑制するための特例措置
(空き家譲渡の3000万円特別控除)
 について
https://www.mlit.go.jp/common/001396932.pdf
※国土交通省HPより
 
 
◉被相続人の居住用財産(空き家)
 を売ったときの特例
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3306.htm
※国税庁HPより