【転職せずに移住する】実家の活用に新たな選択肢が加わりそうです!

[`evernote` not found]

昨日のネットニュースの中で、
 
東京圏の企業に勤めたまま地方に移り住む
「転職なき移住」
 
についての記事が目に止まりました。
 
 
 
内容を見てみると、
 
2020年12月の内閣府の調査では、
地方移住の最大のハードルは
「仕事や収入」で、
 
移住に興味ある人の
46%以上が不安要素に挙げている
 
とのこと。
 
 
 
実際に東京からの転出も多く、
テレワーク環境の整備を急ぐ、
 
との記事内容でした。
 
 
 
これは、私の周りのでもよく聞く話で、
十分に理解できます。
 
 
 
仕事があれば、田舎暮らしでもいいよ!
 
なんて、半分本気で言っている人が、
それが現実になっていく感じですね。
 
 
 
テレワークが日常になり、
生活も宅配が主流になっている今、
 
必ずしも生活面だけを考えれば、
都市部の便利な場所にいる
必要はなくなりました。
 
 
 
実家に戻って、そこでシゴトするお話も、
メディアでよく取り上げられていますが、
 
それを国が後押ししてくれるとなれば、
東京圏を脱出して地方移住する人も
増えていくでしょう。
 
 
 
実家の空き家対策としては、
実家の活用方法が広がる可能性も出てきます。
 
 
 
実家を「売る」「貸す」の他に、
 
実家に「住む」、実家を「利用する」
 
選択肢も広がる可能性が十分にあります。
 
 
 
すでに具体的な策もあるようですので、
 
コロナでなくなった、
東京オリ・パラの空き家活用ニーズを、
 
コロナでできた、
新しいライフスタイルでカバーして、
 
実家の空き家対策が
進められることに期待します。