【石油備蓄放出】実家エリアの車での暮らし方も要チェックです。

[`evernote` not found]

昨日、今日と、
石油の備蓄分を放出するニュースが
流れましたね。
 
 
 
アメリカ、日本と、
国をあげての石油対策に、
期待する人も多いことでしょう。
 
 
 
石油と言って、一番身近なのが、
ガソリンでしょう。
 
 
 
私も車が必要な場所に住んでいますが、
ガソリン代が高いのには痛感しています。
 
 
 
私の家の方で150円/ℓ後半ですが、
 
先日テレビをみていたら、
実質200円/ℓを超えているエリアも
すでにあるようです。
 
 
 
ハイブリッドや電気自動車が
増えてきたとはいえ、
まだまだガソリンを利用する車は多いです。
 
 
 
鉄道やバスなどの交通機関ないエリア
ロードサイドのお店が並ぶエリアなどで、
生活に影響が出ている人も
少なくないでしょう。
 
 
 
地方での生活は、ほぼ車社会です。
 
 
 
実家の活用を考える上でも、
買ってくれる人、借りてくれる人が、
最も気にかけるところでもあります。
 
 
 
スマホでのネットショッピングが
普通になった時代とはいえ、
全く外出しないわけにはいきません。
 
 
 
環境が気に入ったり、
物価や家賃が安かったりで、
地方に移住する人も増えていますので、
車環境のチェックも重要です。
 
 
 
電気自動車、ハイブリッド車の
レンタル店や販売店、
カーシェアリングなどの状況、
 
電気自動車の充電スタンドなど、
エコ・ステーションの有無、
 
シゴトや生活で移動する場所など、
 
 
車社会で暮らし方も、
実家の活用を考える際には
チェックしておきたいですね。