【火事に遭遇しました】空き家の火災には十分注意してください!

[`evernote` not found]

昨日、現場調査の帰り、
パーキングエリアで休憩していたら、
近くで煙が立ち上っているのが見えました。
 
 
 
直線距離にして200mくらいでしたが、
畑の中に点在している家の一軒が、
火事で燃えていました。
 
 
 
まだ消防車が来ておらず、
サイレンが徐々に聞こえてくるところでした。
 
 
 
周囲に家はなく、
人はいないようでしたが、
 
消防車が駆けつけるまでに、
みるみるうちに燃えて、
 
屋根が崩れ、
家の形がなくなっていきました。
 
 
 
私がいたのは約15分くらいでしたが、
その間だけで家は燃え落ちました。
 
 
 
家の詳細はわかりませんでしたが、
昔からそこに建っていた古い家のようで
 
今の家のような
高い防火性はないように感じられました。
 
 
 
隣家がなかったのと人がいなかったのが、
不幸中の幸いでしたが、
 
瞬く間に火が燃え広がり、家がなくなる、
 
そんな空き家のリスクを目の前で感じました。
 
 
 
火事のリスクを
100%防ぐことは難しいですが、
 
それでも、
空き家の火事の可能性を減らす方法は、
いくつかあります。
 
 
 
自分が見にいくほかに、
 
人に貸したり、使ったりしてもらって、
空き家の状態を無くしたり、
 
隣近所の人や空き家管理業者などに、
チラシ・枯葉の掃除や見回りなど依頼したり、
 
火災報知器を設置する、など、
 
空き家の実家を気にかけて、
見てもらう、気づいてもらう手段はあります。
 
 
 
最新の防火・消火設備を設置したり、
防火性を高める家にリフォームしないまでも、
 
周囲の家や人に、
万が一の被害が及ばないように、
 
空き家の火の元には、
くれぐれも注意をしておきたいですね。