【倉庫で空き家を使いたい】人が利用しない空き家の活用方法

[`evernote` not found]

今も昔も変わらない空き家のニーズに、
「倉庫」としての利用があります。
 
 
 
建築リフォーム関係の人だと、
作業スペースと建築資材を保管する倉庫を
セットで使う人も多いですが、
 
それ以外でも単純に
「モノを置いておきたい」というニーズは、
結構あるものです。
 
 
 
具体的な利用方法としては、
 
シゴトやビジネスだと、
在庫品や作業道具・機器の保管、
 
個人だと、
普段利用しないもののほか、
自転車や車、バイクなどの置き場など、
 
意外とニーズはあるものです。
 
よく街中でレンタル倉庫など見かけますが、
結構埋まっているようですし、
 
当社にも倉庫案件がないかと、
倉庫業をされている業者から連絡がきます。
 
 
 
倉庫というのは、
空き家活用の分類から考えれば、
「人が利用しない活用方法」の一つです。
 
 
 
ただモノを置いておくだけですから、
水回りなどの設備は使いませんし、
 
貸す方も家の不具合箇所など
気にすることは少ないです。
 
 
 
防犯やセキュリティは
気にかかるところですが、
 
保管の条件や責任の所在など、
契約内容をしっかり示して貸せば、
 
一般の住宅を
倉庫として貸すことも十分に可能です。
 
 
 
「実家を貸す」をさせていただくと、
実家に他人が住むのを嫌がる人もいますが、
 
ただモノを置くだけということなら、
心理的なハードルは
低くなるのではないでしょうか?
 
 
 
意外とニーズがある「倉庫」という使い方。
 
実家の貸し方の選択肢として、
ぜひ考えてみてくださいね。