【茨城県取手市】シニア層の持ち家活用補助で実家を貸してみませんか?

[`evernote` not found]

昨日ご紹介しました茨城県の家について、
売却にあたっての調査を行いました。
 
 
 
場所は茨城県取手市で、
どんなエリアに該当するのか?
どんな規制があるのか?など、
市役所で必要な情報を調べていました。
 
 
 
必要な調査を終えて、
その他関係資料がないかと、
窓口にあるチラシなど見ていたら、
 
「住宅補助制度」のパンフレットが
目に止まりました。
 
 
 
内容を見てみると、
以下の3つの補助があるとのことでした。
 
 
◯住宅取得補助
 
◯住宅リノベーション補助
 
◯シニア層の持ち家活用による
 住み替え支援補助
 
 
詳細はこちらをご覧ください↓
 
◉定住化促進住宅補助制度
「とりで住ま入る(スマイル)支援プラン」
 
 https://bit.ly/3kjITX1(取手市HPより)
 
 
 
定住化のために各自治体で
様々な補助をされていますが、
 
こうした自治体からの補助があると、
実家を売ったり、貸したりする時にも、
買う人、借りる人にもメリットがあり、
活用もしやすくなりますね。
 
 
 
この中でも気になったのが、
「シニア層の持ち家活用」というもので、
 
親が住んでいた実家を貸す場合に
利用できそうな補助金です。
 
 
 
貸す側には、
入居者募集のためのリフォーム費や、
不動産業者に支払う仲介手数料などへ、
 
借りる側には家賃へと、
 
 
貸す側、借りる側それぞれに補助があり
実家を「貸す」選択を検討する
大きなきっかけになりそうです。
 
 
 
この補助は令和3年3月31日までです。
 
 
 
これから年末年始、年度末と、
人が動く時期に入っていきますので、
 
取手市内に実家がある人は、この機会に、
実家の活用を考えてみるといいですね。