【空き家・空き地バンク】各地の「伝統と文化」を、空き家でつなぎます。

[`evernote` not found]

全国版空き家・空き地バンクで
日本の伝統文化を受け継ぐ若手職人を
紹介した動画コンテンツが掲載されました。
 
 
◉全国版 空き家・空き地バンク(at home)
https://www.akiya-athome.jp
 
 
コンテンツ名も「明日への扉」で、
日本の古き良き伝統と文化をあらためて知り、
未来へ残していこうと感じさせてくれます。
 
 
 
地方の空き家というと、
「売れない」「貸せない」といった
マイナスイメージが先行することもありますが、
 
日本全国各所には、
それぞれに伝統と文化が残されています。
 
 
 
そもそも人が住んでいる場所というのは、
 
遠い昔を辿れば、
何かしらそこに住む理由があり、
 
その地域で生きていくための、
習慣や生活があったわけです。
 
 
 
したがって、
どんな地域にも伝統と文化というのは、
受け継がれているわけで、
 
空き家を活用するということは、
必然的に伝統と文化を継承することにも
関わってきます。
 
 
 
このサイトには、
未来に継ぐべき伝統工芸や職人技が
紹介されていますが、
 
これらを継承するための
若手職人を育てなければならないし、
 
そのためにも、
その地域にきてもらう必要があります。
 
 
 
伝統と文化を受け継ぐために、
空き家に住んでもらう、利用してもらうことは、
社会的志命の一つであるとも言えるでしょう。
 
 
 
時代の流れとともに、
洗練された伝統と文化を受け継ぐ人が減り、
 
また、昨今の甚大な災害で、
受け継ぎたくても、受け継げない状態に
なってしまったこともあるでしょう。
 
 
 
多くの空き家の活用、実家の活用は、
家族や個人的な事情を踏まえて、
考えていますが、
 
「実家のある地域の
 伝統と文化を守るために
 利用できないか?」
 
と視点を変えて考えることも、
 
これからの日本の空き家活用には
必要なのかもしれませんね。