【緊急事態宣言発令】今できること、これからできること。

[`evernote` not found]

ついに、
緊急事態宣言が発令されましたね。
 
 
 
東京・埼玉・千葉・神奈川
大阪・兵庫・福岡の7都府県に対して、
約1ヶ月程度、発令されるとのことです。
 
 
 
新型コロナウイルス対策に対して、
効果的な予防や薬、ワクチンがない中、
 
唯一できることは、
行動を制限して、感染拡大を防ぐことです。
 
 
 
個人に対しては、外出自粛要請、
 
事業者に対しては、
営業自粛要請や十分な感染対策が、
 
求められることになります。
 
 
 
人が集まる場所、店舗など、
具体的に営業自粛の対象になる
業種の発表がありましたが、
 
その他の多くのお店や会社も、
すでに営業・行動自粛や感染対策は
行われていますよね。
 
 
 
不動産関係者も
行動自粛している会社は多くありますが、
 
この緊急事態宣言で、
不動産を所有している人や会社は、
重要な役割を担うことになるかもしれません。
 
 
 
緊急事態宣言で不動産に関わることは、
 
臨時の医療施設開設のために、
所有者の同意がなくとも、
土地家屋などを使用できる
 
ということです。
 
 
 
すでに、所有者の同意を得て、
東京都が1棟丸ごとホテルを借りて、
軽度の感染者の入院用等に利用する
としていたり、
 
著名人が、
所有不動産を無償提供すると発表したり、
 
大手ホテル会社が、
自社のホテルを提供すると発表したり、
 
不動産に関わる動きは出てきています。
 
 
 
 
医師や看護師の常駐もあるため、
臨時の医療用としても、
一定規模の不動産になってきますが、
 
今後も広域に感染者が増えれば、
対象となる不動産にも、
動きは出てくるかもしれません。
 
 
 
今は新型コロナウイルス終息に向けて、
世界が結束する時です。
 
 
 
そのために個人の家が必要となるなら、
人類のための空き家の活用として、
ぜひ協力して欲しいところです。
 
 
 
これから先、
さらに何が起こるかは、誰もわかりません。
 
 
 
まず今、誰もができることは、
不要不急の外出・行動自粛です。
 
 
 
私たち一人一人の意識・行動で、
感染終息につなげていきましょう。