【今実家を貸すなら】先が見えない今の時期は「DIY型賃貸借」で。

[`evernote` not found]

新型コロナウイルスの影響で、
新築やリフォームの現場に
影響が出ている今の不動産・住宅業界。
 
 
 
材料や設備の入荷が難しい状況ですが、
契約・受注している以上、
 
お客様に納得いただく形で工事を行い、
引き渡さないといけません。
 
 
 
今この時期、家を貸す時に、
貸す側でリフォームすると、
 
工事の遅れや
一部やり残しなどが出る可能性も高く、
 
入居後の工事で入居者に不便をかけたり、
トラブルの火種にもなりかねません。
 
 
 
そんな工事の完了が不安な今、
 
借りる側の好きな時に、
好きなようにアレンジできる、
「DIY型賃貸借」は、
 
貸す側、借りる側共に、
メリットのある貸し方でしょう。
 
 
 
貸す側としては、
 
リフォーム・リノベーションは、
借主の負担と責任でやってもらうので、
 
工事の遅れや内容に
関わることはなくなります。
 
 
 
借りる側としては、
 
家を借りてから、
世間の状況や自分の都合で、
工事日程を決められるわけですから、
 
焦ることなく、
自分の思い描いた家に
仕上げることができます。
 
 
つまり、「DIY型賃貸借」には、
 
「時間の自由」
 
という大きなメリットもあるのです。
 
 
 
今は新型コロナウイルスの影響で、
 
緊急事態として、止むを得ず、
後工事になることが多いですが、
 
 
「DIY型賃貸借」で家を貸すと、
 
世の中の変化や
ライフスタイルの変化に合わせて、
 
「計画的」

工事することができるのです。
 
 
 
借りる人に「時間の自由」という
大きなメリットを与えることができる
「DIY型賃貸借」
 
 
 
今、この時期だからこそのメリットで、
実家の活用を考えてみてもいいですね。