実家をいつか利用するなら、リノベーションはしっかりと!

[`evernote` not found]

本日は、
リノベーションした方が良い理由の
二つ目をお伝えします。
 
 
1、東京都内のJR駅から徒歩10分以内と、
 利便性が良好であること。
 →昨日のブログをご覧ください。
 
 
2、将来的に今のところ売るつもりはなく、
 長く、相場並みの家賃で貸したい。
 →今日はこちらです。
 
 
 
もともと、賃貸収入を得るために
購入したマンションですが、
 
将来、売る可能性もあるかどうか?
オーナー様にお聞きしてみました。
 
 
 
オーナー様のお考えは、
「売る気はない」とのことで、
 
長く持たせるには、どうしたら良いのか?
 
と、逆にご質問をいただきました。
 
 
 
築30 年くらいのマンションですが、
これからあと20年はもつことを考えれば、
 
適当な時期に、
適当なメンテナンスをする必要があります。
 
 
 
入居者が退去したこのタイミングで、
 
今まで手が入っていなかった
室内のメンテナンスの意味も込めて、
 
今回リノベーション工事を
進めていくことになりました。
 
 
 
今回のケースを
実家の活用に置き換えると、
 
いずれ実家を何かで利用したり、
自分たちが住むために、
今のうちのメンテナンスしておく
 
というケースと同じく考えられます。
 
 
 
 
何事もそうですが、長く持たせたいなら、
適切なメンテナンスは必要です。
 
 
 
実家が古くなって、
リフォームにお金がかかってどうしよう。。
 
と悩まれる方もいますが、
 
 
いずれ自分で住んだり、利用する気があって、
しばらくは貸してもいい、と考えられるなら、
 
先にリノベーション工事をするのは、
メンテナンスとしても、先行投資としても、
良い判断ですと言えます。
 
 
 
後になってボロボロになる家より、
少しでも新しい家の方が、
 
リフォーム・リノベーションの費用も
抑えられますし、建物も長持ちします。
 
 
 
古い実家にあまりお金をかけたくない、
という気持ちも十分理解できますが、
 
実家を長持ちさせたいなら、
必要なお金はやむを得ないし、
 
結果としては、
早めにリフォーム・リノベーションした方が、
安上がりにもなります。
 
 
 
実家にお金をかける、かけないは、
人それぞれ考え方がありますが、
 
実家を将来どうするのか?
 
今一度、ライフプランを考えてみて、
 
今のうちに、
リフォーム・リノベーションするか?
 
判断されてみてくださいね、