実家の活用は「組み合わせ」で考えてください!

[`evernote` not found]

実家の活用の最終形は「売る」ことです。
 
 
 
言い換えると、実家の活用とは、
 
いずれ売るために、今何をするのか?
 
を考えることでもあります。
 
 
 
いずれ売るために、今、
貸すのか?、住むのか?、利用するのか?
 
貸す・住む・利用する+売る
の「組み合わせ」
 
で考えることとも言えます。
 
 
 
以下に例を挙げてみました。
 
 
・これから教育費の負担が大きくなるので、
 子供が大学を卒業するまで貸して、
 卒業したら売る。(貸す+売る)
 
 
・子供が小さいうちは、
 自然豊かな環境の実家に住んで、
 学校に上がったら便利な場所に買い替える。
 (住む+売る)
 
 
・副業でテレワーク向けの民泊をやって、
 コロナが落ち着いたら売却する。
 (利用する+売る)
 
 
・ウクライナの侵攻が収束するまで、
 避難されてくる方に住んでもらい、
 帰国して再び生活できるようになったら、
 売却する。(貸す+売る)
 
 
 
実家の活用の組み合わせを考えることは、
自分や家族のライフプランを
考えるきっかけにもなります。
 
 
 
また、ウクライナ情勢や大地震などで、
住まいをなくしてしまった人のために、
 
空いている実家に住んでもらうことで
支援することもできるでしょう。
 
 
 
「売る」「貸す」「住む」「利用する」
のうちから選ぶのではなく、
 
今の時代背景や
これからの自分や家族の将来を考え、
この4つをどう組み合わせればいいのか?
 
 
 
イメージでもいいので、
ぜひ考えてみてくださいね。