【千葉県九十九里町一戸建て】3年がかりの空き家対策が完了しました。

[`evernote` not found]

3年くらい前からご相談を受けていた
千葉県九十九里町一戸建ての売却手続きが
本日完了しました。
 
 
 
具体的に「実家の空き家対策」で、
ご依頼いただいたのが
今年の9月初めでしたので、
 
約2ヶ月で
売却手続きが完了したことになります。
 
 
 
最初にご相談いただいた時は、
お父様が亡くなってからまもなくの頃で、
 
まだまだ気持ちの整理もつかない中、
「実家をこれからどうしよう。。」
と思い始めていらした時でした。
 
 
 
それから約3年の間、
相続に絡み、様々なことがあったそうです。
 
 
 
お一人になったお母様を呼び寄せたこと、
 
 
「100万円でも売れないよ」と、
心なく不動産業者に言われたこと、
 
 
家の中のものが多すぎて、
片付けられなかったこと、などなど、
 
 
 
すぐには解決できないご事情が
いろいろあった中、
 
私のところに、
あらためてご相談にいらしていただきました。
 
 
 
売るのがいいのか?貸すのがいいのか?
 
 
東京オリンピックのサーフィン会場も
それほど遠くないし民泊は検討できないか?
 
 
海岸まで歩けるし、サーフィンする人なら、
使ってくれるのでは?
 
 
などなど、
いろいろお考えになられていました。
 
 
 
どういう形が、
ご依頼者にとって一番いいのか?
 
 
この場所、この家に、
どんな活用の方法があるのか?
 
 
売るならいくらくらいか?など
 
 
私も考えを巡らしながら、
地元の知り合いの不動産業者や
民泊関連業者、片付け業者などに
相談してみました。
 
 
 
その結果、話がまとまったのは、
「売却」という選択肢でした。
 
 
 
依頼者の要望を伝えながら、
購入者と売却条件をすり合わせ、
今回の売却に至りました。
 
 
 
ご依頼者には、
亡くなられたお父様への想いと、
ご家族のいろんな想いが詰まった
ご実家でしたが、
 
 
家を壊すことなく、再度利用してもらう、
最も良い形で売却できたことと想います。
 
 
 
本日は偶然にも
ご依頼者のお誕生日でした。
 
 
 
そんな記念日に、
ご依頼者にとっても、ご家族にとっても、
幸せな選択肢を選べたことを
私も嬉しく思います。
 
 
 
今回の売却に至った経緯は、
次回あらためてシェアさせていただきますが、
 
 
この度の売却手続きで、
ご依頼者ご家族の大切な歴史の1ページへ
関わることができたことに、
私も感謝しています。
 
 
 
この度の売却が、
ご依頼者ご家族のさらなる輝く未来へ
つながることを心より願っています。