実家の「売却」で、老後の資金準備を考えてみます。

[`evernote` not found]

老後資金が
将来2000万円不足する、
 
 
この金融庁の発表に対して、
空き家の実家をどう活用するか?
考えてみます。
 
 
 
まず、思いつくのは、
 
 
実家を売って、
 
2000万円つくる
 
 
ということです。
 
 
 
これは一番簡単な方法です。
 
 
 
不動産を現金に換金することで、
2000万円を確保するわけです。
 
 
 
では、
実家を売って2000万円をつくる、
デメリットや懸念は何でしょう?
 
 
 
まず、そもそも、
 
 
実家が2000万円で
 
売れるのか?
 
 
ということです。
 
 
 
都市部で、
比較的広い土地がある実家なら、
 
2000万円で売ることも
できるでしょうが、
 
 
売っても1000万円に満たない実家も
多くあります。
 
 
 
また共有名義等で、
売却資金を分割するような場合も、
 
仮に2000万円で売れたとしても、
共有者で分けたら、
1000万とか700万とかに減ります。
 
 
 
こうした場合は、
 
売れたお金をさらに増やせるように、
投資・運用したり、
 
足りない分を補う別の手段を考えるか?
 
といった選択肢になるでしょう。
 
 
 
金融庁の報告書では、
つみたてNISAやiDecoといった、
資産運用を具体例にあげていますが、
 
 
要するに、
 
実家を売っても
2000万円に満たないなら、
 
不動産以外の収入を
考えなければならない、
 
ということになります。
 
 
 
次回は、
 
「実家を貸して、老後資金をつくる」
 
ことを考えてみますね。