実家をより高く不動産業者に買ってもらうために、知っておきたいこと。

[`evernote` not found]

昨日は、以下の
東京リフォームモデルハウスの募集条件
についてお伝えしました。
 
 
原則、昭和566月以降に
 建築された木造戸建住宅
 
 
インスペクション(建物状況調査)
 をはじめ、
「安心R住宅」と同等
 
 
構造上の不具合・雨漏りなど
 瑕疵保険の検査基準に適合
 
 
 
これらの条件は、
実家の活用を考える上でも
大きく関わってくることです。
 
 
 
不動産業者も、
東京リフォームモデルハウスの
募集のためだけではなく、
 
より良い商品を提供するために、
販売する物件は選んでいます。
 
 
 
実家を売却するにあたっても、
不動産業者の目から見て、
 
 
不動産業者に高く買ってもらえるのか?
 
 
を知っておいた方が、
より自分にあった活用の選択肢を
見つけることができるでしょう。
 
 
 
東京リフォームモデルハウスの
募集条件に関わることで、
 
不動産業者が家を買い取るときの、
チェックポイントは以下の点です。
 
 
・昭和56年6月1日以降に
 建築確認が取れているか?
 (新耐震基準に適合しているか?)
 
 
・建物の状況はどうなっているか?
 (インスペクション(建物状況調査)
  で大きな不具合が見つかるか?)
 
 
・保険に入れるか?
 (販売後、何かあった時に対応できるか?)
 
 
 
これらの点は、
中古住宅を購入したお客様が、
購入後安心して住めるかどうかだけでなく、
 
不動産業者の立場としても、
販売後に大きなリスクを回避できるかどうか?
にも大きく関わってきます。
 
 
 
また、
昭和56年6月以前に建築されている
古い家であっても、
 
建物の現在の状況を知っておく、
確かめておく事は、
 
不動産業者にとっては、
築年数を問わず、重要な責務であり、
 
 
購入していただくお客様にとっても、
大きな判断基準になります。
 
 
 
実家の売却を検討する際は、
こうした不動産会社の目線も気にして、
考えてみてくださいね。
 
 
 
次回からは、今回挙げた
3つのチェックポイントについて
詳しくお伝えしていきますね。