空き家の実家を持っていても、「困っていない」場合はどうするか?

[`evernote` not found]

空き家の実家を持っていて、
 
周囲に迷惑がかかる、
維持管理にお金がかかる、
 
の理由で困っている時は、
 
「売る」選択
 
をした方が良いことを
お伝えしてきました。
 
 
 
それでは、
空き家の実家を持っていて
困っていない場合は
どうしたらいいのでしょうか?
 
 
 
今世の中で言われている
空き家問題とは、
 
空き家になっていても、
緊急性がなかったり、
 
もしくは、
緊急性があっても
気づいていないことで
 
特に困っていないために
放置されているものが多数です。
 
 
 
こうした
 
「困っていない空き家の実家」
 
を持っている場合、
 
 
 
まずは、
実家が空き家であることの、
 
「リスク」「チャンス」
 
を理解することが先決です。
 
 
 
これを理解しないと、
実家が空き家になっていても、
動機がなく、
いたずらに時が過ぎていき、
 
結果、
周囲に迷惑をもたらす空き家になったり、
不要な維持管理のお金が
発生してくることにもなりかねません。
 
 
 
空き家活用の
具体的な活用方法についての情報は、
ネットや書籍などに
多数掲載されていますが、
 
 
そういった
具体的な空き家の活用方法よりも、
 
まずは、
空き家になっていることの
「リスク」と「チャンス」を
理解することから始めましょう。