「実家に帰る」というライフスタイルを考える

[`evernote` not found]

今日から3連休が始まりましたね。

9f1ac599980c04462feae7506d660f8b_s.jpg

気候も涼しくなってきて、
行楽には最高のシーズンになりました。

今は祝日が週末とつながって、
3連休になるときが1年を通して多いので、
GWや年末年始・お盆休みだけに限らず、
比較的旅行や帰省なども
しやすくなってきたようにも感じます。

では旅行や帰省といっても、
3連休で行ける場所はどこか?

要は2泊3日で行ける場所ということですが、
利用する交通手段によっては、
どこにでも行くことはできますよね。

東京から沖縄なら飛行機で約3時間、
東京から大阪なら新幹線で約3時間半、
東京から新潟なら車で約4時間  など

だいたい半日あれば、
日本国内の目的地には着くわけなので、
どんなに遠い実家であっても
帰省しようと思えばいつでも行ける今の時代。

しかしながら、
年に10回強しかない連休を
全て実家に帰省というわけにも
いかないですよね。

いろんな場所に旅行もしたいし、
近場で家族と楽しみたい。

自己啓発のため、
セミナーやイベントなどにも参加したい。

友人や恋人との楽しい時間を過ごしたい。等

連休の過ごし方は無限大の選択肢があります。

また遠方になればなるほど、
交通費もかかってくるわけで、
毎月家族で帰省や旅行で
10万円というのも、
結構家計には痛手でしょう。

それに同じお金を使うなら、
実家に帰省するよりも、
韓国や台湾など、
手軽に行ける海外旅行もありますよね。

そもそも、お金がかかるからと、
家でじっとしている人も多いでしょう。
インターネットが充実している今、
一日パソコンやスマホを見ているのも
立派な趣味です。

グーグルアースで
世界をネットで探索するのも、
今の時代の旅行のあり方の一つと
言えるかもしれません。

要は年間を通じて、
実家に戻ることは
それほどないということです。

そんなの当たり前!

と言われるかもしれませんが、
どんなに遠くても
日本国内なら行こうと思えば、
半日程度で戻れる場所なのに、
なぜか
「なかなか実家には戻れないよね」
という人がほとんど。

私だって車で1時間の場所に
実家がありますが、
実家に行くのも年に数回の話です。
(それも問題かもしれませんが。。)

まして実家に誰も住んでいなくて、
空き家になっているなら、
行く理由もないですし、
空き家の管理だけに
お金や時間を使うのも如何なものか?
と考えますよね。

日本の空き家問題の根本は、
こんな身近なライフスタイルから
始まっているとも
言えるのではないでしょうか?

2030年には、
3戸に1戸が空き家になる
予測もでている今、

日本の空き家の増加に
歯止めをかけるには、
日本人のライフスタイルの見直しから
考える必要も十分ありそうですね。