【サイクリング王国 茨城】新たな魅力で人気を上げています!

[`evernote` not found]

今日、朝のテレビをみていたら、
茨城県がサイクリングに力を入れている
との特集がされていました。
 
 
 
霞ヶ浦や筑波山など、
茨城県を代表する自然のなかを、
サイクリングで楽しむ人を呼び込んで、
茨城県に新たな魅力をつくっているそうです。
 
 
 
私も茨城県は公私ともに縁があるところで、
親しみのあるエリアですが、
サイクリングに力を入れているのは
初めて知りました。
 
 
 
サイクリング用の施設も充実させており、
自転車を室内に入れられる
お部屋や宿泊施設もあるそうで、
空き家の使い方としても興味深いところです。
 
 
 
魅力度ランキングでは、
最下位の常連と言われながらも、
それを逆に魅力にしている茨城県ですが、
 
それも相まって、
今茨城県への移住も増えてきているそうです。
 
 
 
どこにでも地域の魅力はありますが、
もし、さらなる魅力アップを狙うなら、
新しい魅力や特色をつくればいいですよね。
 
 
 
昔からのイメージにとらわれず、
今の時代にあった魅力を、
今を生きる人たちでつくっていく、
 
こうした新しい魅力づくりも、
空き家対策には必要不可欠です。
 
 
 
こうした魅力づくりは、行政が先導すれば、
地域アピールの効果は大きいでしょうが、
 
個人や団体、会社などで地域魅力をつくって、
SNSで拡散したりすれば、
誰でも多くの人にアピールこともできます。
 
 
 
茨城県のサイクリング王国は
行政が主体になって、魅力づくりに力を入れて、
 
県民の多くの方々も、
それに賛同しているのが感じられます。
 
 
 
あなたの実家のエリアでは、
新しい魅力はつくられていますか?
 
 
 
なかったら、
自分で魅力をつくってみたらどうでしょう?
 
 
 
実家の空き家対策も、
今より楽しくなりそうですね。