実家を貸すとどれだけお得なの?

[`evernote` not found]

実家を貸すことが、
活用の大きな選択肢であることを
お伝えしていますが、
 
本日は、
具体的なお金の面から考えてみます。
 
 
 
築45年オーバーの古い木造の家を
売る場合と貸す場合の
簡単なシミュレーションをしてみます。
 
 
 
前提条件は以下の通りです。
 
・建物価値がなく、土地の価値しかない。
 
・土地売却金額の相場が300万円とします。
 
・建物の取り壊し(解体)費用が
 100万円かかるとします。
 
・家をリフォームせずDIY型賃貸借で貸すと、
 3万円で貸せるとします。
 
・税金、時間によるお金の価値の変化、
 土地売却相場の変化、その他諸費用は、
 考慮しません。
 
 
 
◉売る場合

土地の売却金額の相場は、
家が建っていない状態での金額なので、
取り壊す費用を売却金額から差し引きます。
 
 
したがって、
 
300万円ー100万円=200万円・・①
 
が手元に入るお金になります。
 
 
 
◉貸す場合

借りる人の費用負担で、
好きなようにリフォームできる
DIY型賃貸借で貸すと長期入居が見込めます。
 
(借りる人が自分でお金を出すのですから、
 すぐに退去されるのは考えづらいです。)
 
 
仮に10年入居されると仮定すると、
10年間の賃貸収入は、
 
3万円/月×12ヶ月×10年=360万円・・②
 
 
10年貸してから売ると、①と②の合計で、
 
360万円+200万円=560万円
 
となります。
 
 
 
簡単なシミュレーションですが、
 
今すぐ売るよりも、
そのままの状態で貸してから売った方が、
 
全体としての収入は多くなるのが、
イメージできると思います。
 
 
 
昨日のブログでもお伝えしましたように、
今は新しい賃貸ニーズも出てきましたので、
 
どんな場所の古い一戸建てでも、
十分に貸せる可能性はあります。
 
 
 
実家の売却に困ったら、
「貸す」選択肢もぜひ考えてみてくださいね。