【ねこシェルター】動物への空き家活用も選択肢の一つです。

[`evernote` not found]

先日、いただいたご相談で、
 
「猫のシェルター」
で使える空き家はないか?
 
とのお話がありました。
 
 
 
猫を保護しているスペースが狭くなり、
広い場所にうつりたいので、
借りれる空き家はないか?
とのご相談でした。
 
 
 
こうした猫のお話というのは、
これが初めてではなく、
今までも何度かありました。
 
 
 
1匹、2匹ではなく、
何十匹のレベルになるので、
 
普通のアパートや賃貸マンションでは、
なかなか貸してくれません。
 
 
 
そうしたことから、
 
空き家で、
自由に使えるような物件はないか?
 
とお話が何度かきていました。
 
 
 
私はこのニーズにはウェルカムで、
まさに借り手の好きなように利用できる
「DIY型賃貸借」でないと、
できない活用方法だと考えています。
 
 
 
また、これからさらに、
空き家が増えていく予測の中
 
人間が利用する活用方法だけでは、
空き家を減らすことはできないでしょう。
 
 
 
少子化によるペット需要の増加、
 
猫をはじめとした保護動物の居場所、
 
動物と人間が共存できるスペース
 
 
などなど、
動物がいる場所、動物といる場所、
動物が必要な場所は、

日本の空き家対策においても、

これからキーポイントに
なっていくのではないでしょうか?
 
 
 
今回は猫のシェルターでのご相談でしたが、
 
こうした動物と関わる使い方も
空き家活用の一つの選択肢として、
考えてみても良いかと思います。