【実家の外壁】塗り替えますか?それとも活用しますか?

[`evernote` not found]

本日、ビジネスミーティングの中で
屋根・外壁リフォームのプレゼンを
聴きました。
 
 
 
屋根外壁は、
家の部材の中でも面積が大きく、
 
常に雨ざらしにされるところであり、
耐久性、防水性が問われます。
 
 
 
その耐久性、防水性も、
年月が経つにつれて劣化し、
効果が薄れていくので、
定期的なメンテナンスが必要です。
 
 
 
こうした特徴のある屋根外壁ですが、
その工事のスペシャリストから
メンテナンスについての
チェックポイントを教えていただきました。
 
 
 
一般的に外壁の塗り替えの時期は、
10 年〜15年と言われていますが、
 
年月が経ち、劣化してくると、
メンテナンスが必要となる兆候が、
いくつか現れてきます。
 
 
 
その中でも、代表的なものは、
「ひび割れ」と「粉」です。
 
 
 
外壁のひび割れは
見た事があることも多いと思いますが、
 
ひびが入った箇所から、
雨が建物に入ってしまう可能性がある為、
 
遅かれ早かれ、
メンテナンスはしなければなりません。
 
 
 
ひび割れの状況にもよりますが、
ひび割れの箇所が多くなったり、
隙間が大きくなったりしてきたら、
塗り替えのサインの一つです。
 
 
 
また、
外壁を触って、手に粉がつくかどうか?
もチェックポイントです。
 
 
 
この粉が出る現象は、
外壁の劣化によって起こるので、
塗り替え時期を知らせるサインになります。
 
 
 
 
これらの現象を見かけたら、
外壁を塗り替えるきっかけになりますが、
塗り替えるにしても費用がかかるお話しです。
 
 
 
メンテナンスにお金がかかるなら、
建て替えや売却を考えるかもしれませんし、
 
家を今のうちに良い状態にして、
将来貸し出すということも考えられます。
 
 
 
実家の壁のひび割れが多くなってきた、
実家の壁を触ったら粉がついた、
 
そんな気づきも実家の活用を考える
きっかけになるかもしれませんね。