【佐渡島土地】1500坪の土地で何しますか?

[`evernote` not found]

昨日お伝えした、
佐渡島の土地売却の続きです。
 
 
 
親の実家があった場所の土地を
これから売却していくわけですが、
 
それにあたって、
いろいろ考えることがあります。
 
 
 
ざっくりいうと、
 
このエリアにどんなニーズがあるのか?
 
ということですが、
 
 
今回ご依頼いただいた土地は、
 
広さがなんと1500坪!もあります。
 
 
 
1500坪ってイメージつきますか?
 
 
 
㎡に直すと、約5000㎡、
 
縦100m × 横50mの長方形を
イメージするとわかりやすいでしょうか?
 
学校の25mプールが18個分くらい
の広さです。
 
 
 
100㎡の土地付き一戸建てを
基準にすれば、40棟以上建つ広さです。
 
 
 
となると、
 
普通の住宅以外の利用方法なのか?
 
 
 
もちろん、
それは十分考えられることです。
 
 
 
まだ現地は確認していませんが、
大きな道路に近ければ、
 
ロードサイドのショッピングモールなど、
商業的な利用方法も考えられるでしょう。
 
 
 
しかしながら、当然、
都内と佐渡では、状況は全く違います。
 
 
 
この広さに実家があったくらいですから、
家の広さの感覚が違います。
 
 
 
それでも、かなり広い方でしょうが、
都市部とは全く感覚が違うことでしょう。
 
 
 
また、佐渡島には、
たくさんの観光資源がありますから、
 
ホテルや旅館など、
観光に関わる利用も、勿論考えられます。
 
 
 
佐渡島は沖縄本島に次ぐ、
日本で2番目に広い島であり、
 
その観光資源や昔からの生活には、
独特の伝統と文化があります。
 
 
 
観光パンフレットなど見ていると、
中国語で書かれたものもありますから、
 
外国人誘致にも
当然、力を入れていることでしょう。
 
 
 
その他にも、
佐渡ならではの特徴はたくさんあります。
 
 
 
佐渡に限りませんが、
まずはどんな状況かを知ることです。
 
 
 
地元の人に聞くのが
一番わかりやすいですが、
 
地元では当たり前のことが、
外から見たら、とても魅力的!
なんてこともよくある話です。
 
 
 
私にとっても良き思い出のある佐渡島で、
この広さの土地をどう活かすのか?
 
 
学生時代の恩返しのつもりで、
しっかり佐渡を理解して、
売却活動を進めてまいります。