実家が「売れる」「貸せる」場所なのか?確認する方法

[`evernote` not found]

もうすっかり、世の中は夏休みですね。
 
 
 
お父さんたちもお盆休みに入って、
子供連れの家族が楽しんでいる様子が、
あちらこちらで見かけられます。
 
 
 
そもそも、私が住んでいるところは、
 
トトロの森と多摩湖が近くにあって、
西武園ゆうえんちの花火も打ち上がり、
お墓も近くにあるので、
 
子供連れで帰省する都内の場所としては、
ナンバー1ではないか?
 
とひそかに思っています(笑)
 
 
 
最近私の家にも車がきたため、
車で実家に行くことも多くなりました。
 
 
 
家から40分くらいの道ながら、
しばらく通らない間に、
 
新しい道路ができたり、
道が変わっていたりして、
 
実家に行くのに、
途中迷ってしまったくらいです。
 
 
 
新しい道路ができると、
その周辺の家やお店の状況も変わり、
街の雰囲気も大きく変わります。
 
 
 
立ち退きでなくなった家やお店もあれば、
 
新しくできた家やお店もあります。
 
 
 
道路が新しくできるできないに関わらず、
 
新しい家やお店ができる

ということは、その場所で

家を売ったり、貸したりするときの
大きな判断基準になります。
 
 
 
例えば、
 
不動産業者が
建売住宅を新しく販売

していたり、
 
 
地元の人が古い家を建て替え

していたら、

 
 
そこには、何かしらの
 
住む魅力、住む理由
 
があるということを表しています。
 
 
 
住む人が来そうもない、
住みたくない場所には、
 
誰も多額の費用をかけて、
新築しないですよね。
 
 
 
これは、
都市部でも地方部でも同じです。
 
 
 
もし、あなたが、
 
「うちの実家は辺鄙なところだから、
 売れないし、貸せないよ。。」
 
と思っているなら、
 
 
周りに新築の家があるかどうか?
確認してみてください。
 
 
 
実家に行けないなら、
 
SUMOとかアットホームなどの
不動産情報サイトで、
 
売買・賃貸物件情報を
検索してみてもいいです。
 
 
 
もし実家周辺や生活圏内に、
新築の家やお店があるなら、
 
それは何らかの根拠があって、
新築しているわけです。
 
 
 
その場所には人が集まる可能性、
 
つまり、
家が売れる、貸せる可能性はあるわけです。
 
 
 
実家が売れるか、貸せるかどうかの
判断基準の一つになりますので、
 
ぜひ確認してみてくださいね。