今までの賃貸借契約は、大きく3つのルールが見直されます。

[`evernote` not found]

2020年4月から
賃貸借契約のルールが見直されますが、
 
その内容について、
法務省からわかりやすい
パンフレットが出ています。
 
 
◉2020年4月から
 賃貸契約に関する
 民法のルールが変わります。
 
 http://www.moj.go.jp/content/001289628.pdf
 
 ※法務省HPより
 
 
 
これによると。来年4月の改正は、
大きく3つのルールに分かれます。
 
 
1、賃貸借継続中のルール
 
・賃借物の修繕に関する要件の見直し
・賃貸不動産が譲渡された場合の
 ルールの明確化
 
2、賃貸借終了時のルール
 
・賃借人の原状回復義務及び
 収去義務等の明確化
・敷金に関するルールの明確化
 
 
3、賃貸契約から生ずる
  債務の保証に関するルール
 
 
※法務省HPより抜粋
 
 
 
昨日お伝えした内容で、
具体的に上記の3つの項目に
当てはめてみると以下のようになります。
 
 
◉借りている間のこと(上記1)
 
・借りている人の修繕できる権利
 
・借りている部屋や家が、
 故障や不具合などで、
 使えなくなったりした時の賃料の減額など
 
 
◉退去するときのこと(上記2)
 
・原状回復義務
 
・敷金
 
 
◉保証人のこと(上記3)
 
・保証人の責任
 
 
 
法律というと
難しく捉えられがちですが、
 
いずれも
部屋や家を貸したり、借りたりするときに
必ず関わってくることです。
 
 
 
実家を貸すときにも、
もちろん当てはまりますので、
まずは、大枠を理解してくださいね。