空き家で困っていなくても、空き家のリスクは普段から意識しておきましょう。。

[`evernote` not found]

インターネットや書籍、
その他様々なメディアで、
 
空き家になっていることで起こり得る
様々なリスクが紹介されています。
 
 
 
実家が空き家になっていて、
「どうしようかな?」と
思ったことがある人は、
何かしらの情報には触れているはずです。
 
 
 
いくつか例を挙げてみると、
 
 
・草むしりしないと、
 草木が伸びて、
 猫や害獣の住処になってしまう。
 
 
・防犯対策をしていないと、
 勝手に人が入ってくるかもしれない。
 
 
・家のメンテナンスをしないと、
 壊れて風で飛んで行ってしまう。
 
 
・樹を切らないと、
 大木になって、
 隣や道路にはみ出して迷惑になる。
 
 
・家の中を掃除しないと、
 ネズミやハクビシンなどが、
 住み着いてしまうかもしれない。
 
 
といった感じです。
 
 
 
これらは感覚的にも分かることですが、
おそらく、あらためて指摘しなくても、
どこかで、聞いたことはあるでしょう。
 
 
 
こうしたリスクを聞いて、知っていても
今緊急事態がないために、
 
「動かない」「特に困ったことがない」
 
のであり、結果、
空き家のまま放置されているのが現状です。
 
 
 
それでも、
こうしたリスクは何度も聞いて、
 
空き家になっている実家に
普段から意識を持っていることは必要です。
 
 
 
そして、空き家の実家を意識するときに
こうしたリスクの具体的な内容の他に、
もう一つ気にして欲しいことがあります。
 
 
 
日常生活で、
普段何気なく意識していることを、
実家の空き家対策にも活かせることです。
 
 
 
続きは、明日お伝えしますね!