実家の売却に関わる「認知症」対策

[`evernote` not found]

「実家の売却に困ったら?」
というテーマで、
メルマガを配信しておりますが、
「実家の売却で困る」理由には、
親の高齢化によるものもあります。

 

具体的には、
親が認知症になり、売却の判断がつかず、
売却ができないことが挙げられます。

55b26666d6ec4f6acdcb96d3e29d559d_t.jpeg

 

超高齢化社会の日本では、
長生きのリスクも多々言われていますが、
実家の売却は、まさにその一つです。

 

認知症対策としては、
親の判断能力があるうちに、
諸々の手続き・対策をすることが
基本的なスタンスにはなりますが、

親の心身の状況や
家族それぞれの立場・環境によって、
様々な対応の方法が考えられますので、
一概に「対応策はこれだ!」と
いうものはありません。

関係する専門家に適宜相談して、
親の高齢化や介護に関わる
基本的な制度や知識などを理解しながら、
実家の売却や相続対策など、
進めて行くことになります。

 

2025年には団塊の世代が
全員75歳以上の後期高齢者になって、
超高齢化社会を迎える
「2025年問題」もあり、
親の高齢化による空き家もより
多くなってくるものと考えられます。

認知症対策も
今以上に深刻となってくるでしょう。

 

次回からは、
そういった親の高齢化による
実家の空き家対策について、

介護や相続に関わる諸制度や
基本的な知識など交えながら、
考えていきたいと想います。