実家を貸す時、困ること。

[`evernote` not found]

何も利用していない空き家の実家を
人に貸すことは、
自身にとっても資産の有効活用になり、
社会問題化されている空き家の増加も
抑えられることになります。

 

人が住む、利用することで、
自身でのメンテナンスも大幅になくなり、
周囲への危害も少なくなるので、
「売らない」で、または「売れない」で、
所有しているのであれば、
検討していきたい活用方法の一つです。

 

しかしながら、
実家を貸すにあたって
ウィークポイントになることも
当然あります。

交通の便が悪い、人があまりいない、
近くにお店がない、など、
物件によって個別要因は
いろいろあると思いますが、

「実家のことがよく分からない」

ことも多くあるのではないでしょうか?

c192cb1ff29ccfec7fd1c73f32fa6cd2_s.jpg

ご実家が空き家になっているということは、
ご実家とは別に住居を持っている
ということですよね。

ご実家にはご両親が最期の時を迎えるまで
住んでいたと想いますが、
空き家の実家を貸そうとしている人は、
年に数回帰省する程度で、
建物の老朽化や不具合など、
十分に把握しているわけではないでしょう。

 

実家の賃貸活用は、
もちろん一人ではできないことなので、
近くの不動産業者や地縁ある方に
協力は得るようにはなりますが、

それでもその協力者から
実家について何か問い合わせが来た時に、
十分に対応はできるでしょうか?

 

おそらく

「よく分からないので、
 お任せします」

という回答になるのではないか
と想われます。

 

「実家を貸す」ということは、
大家になるということです。

借りている人に対しても
一定の責任は発生しますので、
「知りませんでした」「分かりません」
というわけにはいきません。

 

ただ実家の状況がよく分からない場合でも、
対策はいくつかあります。

◯賃貸契約時に、
   責任の範囲を明確にする。

◯事前に建物の検査をして、
   状況を把握する。

◯ライフラインなどの緊急連絡先を、
   入居時に伝えておく。

◯建物に火災保険をかける。

◯緊急時対応サービスがついている
   賃貸住宅の保険へ、
   入居者へ加入してもらう。

といった対応方法がありますので、
物件の状況や協力者の意見など踏まえて、
入居者が安心して住まえる策は
検討しておいた方が良いですね。

◯関連記事
【実家レンタル】こういう場合はどうするの?
→ http://jikka-akiya.com/?p=989