民泊事業者登録が始まりました。

[`evernote` not found]

今年6月15日より施行される
民泊新法(住宅宿泊事業法)
での民泊解禁に向け、

本日3月15日より、
事業者登録が始まりました。

登録は以下の3つの事業者です。

「住宅宿泊事業者」
→住宅宿泊事業を営む者

「住宅宿泊管理業者」
→住宅宿泊管理業を営む者

「住宅宿泊仲介業者」
→住宅宿泊仲介業を営む者

 

こちらのサイトでも事業者登録は可能です。

◉民泊制度ポータルサイト「minpaku」
(厚生労働省・国土交通省(観光庁)
http://www.mlit.go.jp/kankocho/minpaku/index.html

eb9dc304870c8cba260fa8e66fc7dc2c_t.jpeg 

すでに民泊事業を行なっている
会社や個人の方は多数いらっしゃいますが、
この民泊新法によって
空き家を民泊で利用しようとする方は
多くいらっしゃることと思います。

 

民泊普及の背景には、

・東京オリンピックに向けた
 宿泊施設の確保

・空き家の有効活用

・中古住宅の流通促進 など、

日本の重要な国策や将来がかかっています。

 

一般の方にも、
空いた実家を活用する
大きな選択肢ができることになり、

実家の空き家対策にも
大きな一歩となると感じています。

 

しかしながら、
まだまだ民泊に対する知識や制度について、
十分に知られていないのが現状です。

メディアでは、
民泊を巡るトラブルや事件も多く報道され、
不安を煽っているようにも感じます。

 

民泊新法施行3ヶ月前のこの時期、
今一度民泊とはどういう制度で、
どんなメリットやデメリットが
考えられるのか?

次回から考えていきたいと思います。