【阪神淡路大震災】放置空き家が大惨事につながらないように、、

[`evernote` not found]

本日、阪神淡路大震災から28年が経ちました。
 
 
 
各メディアで取り上げられ、あらためて、
地震の怖さ、老朽化した建物の対策、
それほど遠くはない大地震への備えなど、
考えさせられました。
 
 
 
昨日、一昨日と、このブログでも、
地震、火災のリスクを取り上げました。
 
 
 
いくらリスク対策したとしても、
自然災害を100%回避することはできません。
 
 
 
少しでもその被害を減らす意識を、
共有し、積み重ねることで、
大惨事を防ぎ、命を守ることにつながります。
 
 
 
空き家の実家の問題は、
個人の問題と受け止める人も
多くいることでしょう。
 
 
 
それは決して間違ってはいませんが、
放置して、老朽化が進むことで、
周囲に迷惑がかかり、
 
それが突然の地震で、人の命に関わり、
大惨事につながることにもなりかねません。
 
 
 
阪神淡路大震災は、
甚大な被害と多くの犠牲で、
日本に、後世に、重大な教訓を残しました。
 
 
 
空き家を放置していることが、
甚大な災害へにつながっていることを
今一度認識して、
 
これからの実家の空き家対策を
考えていって欲しいと思います。