実家の登記情報で「最低限」知っておきたいこと

[`evernote` not found]

昨日は登記情報の調べ方についてお伝えしました。
 
 
 
登記情報は実家をこれから活用するにあたり、
必ず必要になる情報です。
 
 
 
ではそもそもこの登記情報で何が分かるのか?
 
 
 
登記情報には土地と建物それぞれがありますが、
以下の情報が記載されています。
 
【土地】
 所在、地番、地目、地積、原因及びその日付
 
【建物】
 所在、家屋番号、種類、構造、床面積、
 原因及びその日付
 
【土地建物共通】
 所有権に関する事項、所有者以外に関する事項
 
 
 
登記事項に記載してあることを
そのまま挙げましたが、
 
最低限チェックおきたいポイントは
以下の通りです。
 
【土地】土地の面積
 
【建物】建物の面積、築年月日
 
【土地建物共通】名義人
 
 
 
現地の様子を見て、
登記情報でこれだけ分かれば、
 
まず不動産業者や司法書士などの専門家へ
相談できます。
 
 
 
あとの細かい登記情報の内容は、
相談した不動産業者や専門家に
見てもらえばわかります。
 
 
 
もしあなたが実家の登記情報を
見たことがないようでしたら、
 
ぜひ一度登記情報を取得して、
上記の内容を確認してみてくださいね。