【実家ロケ】実家の「廊下」だけでも活用できます!

[`evernote` not found]

今回のクラファンで、
実家ロケ掲載に応募いただいた家に、
築55年の家があります。
 
 
 
この家は度々ロケ地に利用されていて、
いくつもの撮影実績があります。
 
 
 
この度、さらにパワーアップして、
実家ロケに掲載、
ロケ地活用されることになりました。
 
 
 
そのパワーアップとは、
さらに撮影できるところが増えたことです。
 
 
 
 
具体的には、その家の離れに、
同年代に建てられた家があるのですが、
 
その家の「廊下」を
撮影できるようにしようとしています。
 
 
 
「廊下」といっても、
何?と思うかもしれませんが、
 
築55年たった板の間の廊下で、
縁側も兼ねて、庭先でたたずむのに
なんともいい昭和の雰囲気があるのです。
 
 
 
これもなんとなく、
撮影できるようにしたわけではなく、
 
メディア関係者から、
廊下を撮影させて欲しいとの、
打診があったそうです。
 
 
 
それも今まで何度かあったのですが、
女将の方針や考えもあり、
今までは廊下の撮影はしなかったとのことです。
 
 
 
こうした一部分だけでも利用できるのは、
ロケ地の良さではないでしょうか?
 
 
 
家を貸すとなると、1軒丸ごと、
しかも自由にできないわけですが、
 
人にずっと使われたくなかったり、
すぐに売ったり貸したりする気がなければ、
 
一室や一部分など、
部分的に、しかも短時間で貸して
活用するのも良いのではないでしょうか?
 
 
 
そんな空き家の実家の使い方も
ぜひ実家の活用の選択肢に入れてみてくださいね。