実家の活用で得られる2つの願望とは?

[`evernote` not found]

このGWは例年になく本を読んでいます。
 
 
5月の4日の連休で4冊、
買ってからまだ読んでいないビジネス書を、
一気読みしました。
 
 
 
ビジネス書は、ビジネスに限らず、
物事をいろんな視点からみているので、
 
自分のビジネスはもちろん、
日常生活を楽しむこともできるため、
 
定期的に読むようにしています。
 
 
 
公私ともに、
多くの学びを得ることができますが、
 
このGWに読んだ本の中で、
以下のフレーズが気にかかりました。
 
 
人には三つの願望がある。
それは、「健康」「富」「人間関係」である。
 
そして、その願望が向かう方向性は2つある。
 
一つは「苦痛から逃れたい」、
もう一つは「快適を求めたい」である。
 
 
 
確かにそうですよね。
 
 
 
自分が望むことをまとめると、
こういうことなんだなぁ、、と、
深く納得しました。
 
 
 
特に後者は、人が望むことは、
大きく分けると二つしかない、
ことをシンプルに表しています。
 
 
 
では、これを実家の空き家対策に、
当てはめるとどうなるのか?
 
 
 
実家の空き家対策も突き詰めれば、
この二つのうちのどちらかを求める
ために行うことです。
 
 
 
実家を、
売る、貸す、住む、利用する、ことで、
 
「苦痛から逃れたい」のか?
「快適を求めたい」のか?
 
 
言い換えると、実家を活用することで、
 
「苦痛から解放される!」
「快適を得られる!」
 
ことができるのか?ということです。
 
 
 
では具体的には、どんなことがあるのか?
 
 
 
実際に私が関わってきた方の
ご意見やご感想を振り返り、
具体的な例を次回お伝えしますね。