【フラット35地域活性型】利用条件とは?〜購入者の立場になって確認してみてください〜

[`evernote` not found]

地方の家を購入するのに
利用できる融資の一つである
「フラット35地域活性化型」について、
その内容をお伝えします。
 
 
 
まず「フラット35」の融資ですが、
35年間返済額が変わらない融資でもあり、
どんな家でも良いというわけではありません。
 
 
 
・新耐震基準を満たす(昭和58年以降に新築)

・床面積は70m2以上(一戸建ての場合)

・住宅部分が2分の1以上(併用住宅の場合)
 
 
など、技術的な基準があります。
 
 
 
詳細は以下をご確認ください。
 
◉フラット35中古住宅の技術基準の概要
 https://www.flat35.com/loan/tech_cyuko.html
 ※フラット35ホームページより。
 
 
 
技術的基準に満たして、
フラット35を利用できる家であり、
以下の要件に合う場合は、
 
通常よりも低い金利で融資を受けられ、
返済額が安くなります。
 
◯UIJターンを契機として、住宅を利用する場合

◯居住誘導区域外から居住誘導区域に
 住宅を取得する場合(コンパクトシティ形成)

◯空き家を取得する場合(空き家活用)

◯防災・減災対策に資する住宅を取得する場合
 
 
 
詳細は以下をご覧ください。
 
◉【フラット35】子育て支援型・
 【フラット35】地域活性化型の利用要件
 https://www.flat35.com/loan/flat35kosodate/conditions.html
 ※フラット35ホームページより
 
 
 
こう並べると
難しく感じてしまうかもしれませんが、
 
昭和58年以降に建った住宅であれば、
利用できる可能性がある、
 
と考えていただければと思います。
 
 
 
実家の売却は、
購入する人がいて成り立ちます。
 
 
 
購入者の立場になって、
 
実家が条件に合うかどうか?
購入するメリットがあるのかどうか?
 
ぜひ確認してみてくださいね。
 
 
 
そうはいっても、
実家が条件に合うかどうか分からない。。
 
ということでしたら、
私と一緒に確認しましょう。
 
お気軽にご連絡くださいね!