【実家の凍結対策】活用することが最大の解決方法です。

[`evernote` not found]

各地で大雪の影響が出ていますね。
 
 
 
雪国の方でさえ、
今年の積雪に驚いているのが
ニュースでも流れていました。
 
 
 
事故の報道も多く伝えられているので、
雪が降っている地域の方々には、
無事に過ごされることを願うばかりです。
 
 
 
東京は雪は降っていませんが、
寒波の影響で、
寒く冷たい日々が続いていますね。
 
 
 
寒い、冷たい日が続くこの時期に
心配になるのが、給湯器の凍結です。
 
 
 
寒い朝にお湯を出そうと思っても、
なかなかお湯が出ない、水自体が出ない、
 
といった経験は、多くの方が、
少なからずあるのではないでしょうか?
 
 
 
簡単にいうと、
水道管の中の水が凍ってしまったので、
水が出ないわけですが、
 
水は凍ってしまうと体積が膨張するので、
水道管の凍結から破裂へ、
被害が大きくなることもしばしばあります。
 
 
 
給湯器は凍結防止のヒーターが働くので、
電源を入れておけば、
ひとまず安心はできますが、
 
空き家になっていると、
電気の契約をしていない場合もあり、
 
給湯器が凍結、破裂する可能性もあります。
 
 
 
こうした凍結対策には、
電源を入れたままにしておくことが
最も有効な方法です。
 
 
 
電源を入れる、電気を使うということは、
「家を使う」ということです。
 
 
 
人が住むなり、利用するなりして、
使っていれば、電気を使うわけです。
 
 
 
したがって空き家の凍結対策には、
「実家を活用してもらうこと」
が、最も有効な方法であるわけです。
 
 
 
空き家のまま放置しておくだけでも、
こうした自然の事故が起こり、
 
加えて、老朽化が進み、
徐々に朽ちていってしまいます。
 
 
 
実家を長持ちさせたい、と思わないまでも、
 
放置している実家に
お金がかからないようにするためにも、
 
実家の活用は考えていきたいですね。