実家の相続の特徴とは?

[`evernote` not found]

実家の問題は、相続と深く関わることは、
イメージできると思いますが、
 
実家の相続にはどんな特徴があるのか?
 
考えたことはありますか?
 
 
 
そもそも「相続」とは、何か?
 
 
 
相続とは、人がなくなり、
その故人が所有していた財産を、
次の世代に引き継ぐことです。
 
 
 
不動産、預金、金融資産、芸術品など、
故人が所有していた様々な財産について、
誰かが何かを引き継ぐことになります。
 
 
 
日本の代表的な相続財産は不動産であり、
実家の土地と建物も、当然該当します。
 
 
 
相続が起こることによって、
様々な問題や心配事が出てきます。
 
 
 
具体的には、
 
相続財産をめぐる人間関係、
相続税の納税
 
が代表的な問題です。
 
 
 
その中でも、実家の相続は、
少し他の相続財産とは異なります。
 
 
 
それは、
 
相続してからの負担が大きい

ことです。

 
 
 
固定資産税の支払いや維持管理費の負担、
周囲の人たちとのやりとり、
防犯、防災、防火対策、などなど、
 
金銭的にも、時間的にも、精神的にも、
相続してからの負担が多いのが特徴です。
 
 
 
そして、
相続後の負担や相続財産の配分をめぐり、
問題やトラブルも多く、
 
税理士、司法書士、弁護士といった
専門家を必要とするシーンも多くなります。
 
 
 
相続が発生したら、
残された遺族と話し合うことになりますが、
 
誰が相続の権利があるのか?
相続される財産は何がどのくらいあるのか?
 
これを把握することがまずやるべきことです。
 
 
 
実家の相続については、
 
不動産価値があるから相続したい、
 
と考える人と
 
持ってても、売れないし、
税金がかかるだけだからいらない、
 
という人の、大きく2つに分かれます。
 
 
 
実家がどれくらいで
売れるのか?貸せるのか?
 
実家を担保に借入があるのかないのか?
 
実家をめぐるトラブルはないのか?
 
 
などなど、
実家の相続を考えるにあたって、
確認することはいろいろあります。
 
 
 
親が元気な時に、相続の話はしづらい。。
と思うことはあるでしょうが、
 
相続が発生してから揉めないよう、
可能な限り、親が元気なうちから、
 
実家で今まで起こった出来事や、
実家以外の財産の確認など、
 
時間をかけて、少しづつ、
話し合って相続対策をしていきたいですね。