【実家の片付け・取り壊し費用】補助金・融資は定期的チェックしてください。

[`evernote` not found]

現在ご売却の依頼を受けている、
伊豆のマンションの周辺環境を
ネットで調べていたところ、
興味深いニュースが目に止まりました。
 
 
 
静岡県伊豆市で、
片付け費用の半額が助成されることに
決まったとのことで、
 
室内の片付け費用がいくらかかるのか?
 
ちょうど考えていたところでした。
 
 
 
一般的に空き家の売却や貸出の際は、
室内のものを所有者が処分することが
多いです。
 
 
 
その費用は、
100万円を超えることも珍しくなく、
片付け費用をいつ、どこから調達するかも、
空き家の大きな問題の一つです。
 
 
 
この助成制度が決まったのは先月のことで、
伊豆市で今まで片付け費用が捻出できずに、
空き家活用が進まなかった人には朗報です。
 
 
 
このような空き家対策に関わる
行政からの助成金や、
金融機関の融資といった支援策は
全国の各自治体で様々あります。
 
 
 
去年は助成金制度がなかったけど、
今年新しくできたとか、
 
今まで制度の対象外だったのが、
今年利用できるようになったとか、
 
時と共に各制度は変わっています。
 
 
 
うちの実家がある街では、
空き家の支援制度がないんだよね。。
 
とずいぶん前に言っていたとしたら、
今の状況をぜひ調べてみてください。
 
 
 
空き家は防犯・防災上の問題があるため、
行政としてもなんとか空き家を減らそうと
日々考えています。
 
 
 
その対策として、
各自治体で助成金や融資などの制度化が
進んできていますので、
 
昔なかったとしても、
今ある可能性はありますし、
 
今なくても、
将来的にできる可能性もあるでしょう。
 
 
 
特に片付けは、
空き家をどうにかしようとする時に、
真っ先に考えることですので、
 
入り口の段階でお金の援助があるのは、
モチベーションアップにも
つながりそうですよね。
 
 
 
なので、
空き家に関わる助成金や融資などの制度は、
定期的にチェックすることをお勧めします。
 
 
 
私が依頼を受けたマンションの片付けが、
助成の対象に該当するかどうかは
これからの確認ですが、
 
これをきっかけに、
他のエリアの助成金や融資などを
再チェックして、
 
新たな空き家対策の選択肢を、
増やしてきたいと思います。