自分の望みを叶えるために、実家は役立ちませんか?

[`evernote` not found]

週間の天気予報を見てみると、
この先1週間、雷雨マークが
毎日続いていました。
 
 
天気のことは詳しくないですが、
このところの家の上の方にかかっている
雲の様子を見ていても、
 
素人目に見ても、
普通じゃない、晴れる気がしない、
そんな気がします。
 
 
 
ずっと晴れないわけではないにしろ、
スポットで出てきた貴重な晴れ間は、
ビッグチャンスです。
 
 
 
洗濯物干しとか、家の外の掃除とか、
晴れた時が最もパフォーマンスの良い
考動をしたいですね。
 
 
 
さて、一昨日より、
 
人生の「計画」「自慢」「不満」を
実現・支援・解決するために
実家を活用できないか?
 
ということについて、お伝えしていますが、
 
 
本日は、
その中でも人がもっとも話したがる
「自慢」についてお伝えします。
 
 
 
 
「自分はやたら自慢話はしないよ!」とか、
 
「自慢ばかりしている人は鼻につく」とか、
 
自慢話というと、
あんまりいいイメージを持たない人も
いるかもしれません。
 
 
 
しかしながら、
人の自慢話は、意識してもしなくても、
いろんなところで出るものです。
 
 
 
例えば、
 
・うちの子供は来年中学生になるんだよ!
 
・今度の連休には海外旅行にいくんだ!
 
・シゴトで難しい契約取ってきたんだ!
 
などなど、
嬉しかったこと、楽しかったことは、
つい人に話したくなるものですよね。
 
 
 
嬉しい!楽しい!大好き!なこと、
人に褒められたい、認められたいことは、
誰でも「自慢」したくなるものです。
 
 
 
そんな自分自身の「自慢事」のために、
実家は役に立てないでしょうか?
 
 
 
例えば、
 
・子供が希望する学校に入学できるように、
 実家を貸して教育費をつくる、
 
・実家を民泊に活用して、旅行者を楽しませ、
 自分も海外旅行資金をつくる、
 
・実家を古民家カフェにして、事業を始める、
 
などなど、
自分のやりたいことを叶えるために、
実家を役立てることはできそうです。
 
 
 
「自慢する」というと、
鼻につく言い方かもしれませんが、
 
自分の望みが叶ったことは、
誰しも人に話したいし、
 
言葉に出さずとも、
自分の中での自慢や自信になります。
 
 
 
そんな自分の素直な希望を叶えるために、
実家を活用してみませんか?
 
 
実家のこれからのことを考えるのが、
楽しくなるかもしれませんよ!