空き家に必要なお金は、「直接」行政に確認してください。

[`evernote` not found]

先日、ある知人から、
ある都内の不動産業者様を
ご紹介いただきました。
 
 
 
空き家活用を
されているとのことでしたので、
 
早々にZoomのアポイントをとり、
お互いの自己紹介や業務内容など、
情報交換させていただきました。
 
 
 
今までの実績として、
多くの空き家の取り扱いがあるそうで、
 
売却や解体手続きなど、
様々な業務をされてきたとのことでした。
 
 
 
その一例として、
空き家がある行政の助成金を利用して、
解体・撤去した事例のお話しがありました。
 
 
 
空き家をそのまま放置しておくと、
災害などで周囲に危害が及ぶリスクや
建物崩壊の可能性があります。
 
 
 
行政としては、
市民生活の安全のために、
空き家を減らしたいため、
 
一定の補助金や助成金等を出して、
空き家を撤去を促しています。
 
 
 
こうした制度は、
様々な自治体で行われていますし、
 
メディアでも多く伝えているので、
ご存知の人も多いでしょう。
 
 
 
ネットで検索してみると、
空き家の補助金・助成金・融資などの
「まとめサイト」もいくつか出てきます。
 
 
 
こうした民間の情報サイトで、
調べるのも良いのですが、
 
全国の空き家に関わる諸制度は、
相当の数があるため、
 
必ずしも、
網羅されていないことが多いです。
 
 
 
また、補助金等の制度は、
新しく出来たり、内容が変わることがあり、
 
リアルタイムの情報が、
反映されていないことも少なくありません。
 
 
 
本当に基本的なお話ですが、
 
自身が所有している空き家の補助金等を
確認したいなら、
 
直接、その空き家がある自治体に
問い合わせるのが一番です。
 
 
 
中には、
空き家に関わるものだけでなく、
そのほかの助成金が利用できる場合も
あり得ます。
 
 
 
私もよく空き家の補助金等を調べるのに、
検索の上位に出てくる、まとめサイトに
行ってしまうことがよくありますが、
 
自分が欲しい情報に、
たどり着かないことは度々あります。
 
 
 
空き家を取り壊そうか。。と思っていて、
費用が大幅にかかるならどうしよう。。
と思っているなら、
 
シンプルに、空き家がある自治体に、
補助金・助成金・融資などの
制度があるか確認してみてください。
 
 
 
頭がコロナ脳になっていて、
意外と忘れてしまっていることも
ありますので、
 
今一度、
ぜひ思い出してみてくださいね!